キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスマップ

広大なキャンパスで過ごす、満ち足りた学生生活。

福岡こども短期大学 こども劇場
だいいち幼稚園・だいいち保育園 福岡こども短期大学 体育館
グラウンド 都築貞枝記念体育館
オックスフォードハウス・
ダンススタジオ
サッカー / ラグビー場
日本経済大学 南別館 日本経済大学 本館
日本経済大学 西館 国際交流センター
(1F)
図書館棟 学生課(1F) /
図書館・情報センター
日本経済大学 鴻臚館 記念厚生会館、 カフェテリア(1F)
保存資料館 / 自習室・会議室(1F) マルチメディアセンター
日本経済大学 7号館 イングリッシュガーデン
部室 総合グラウンド
リンデンホールスクール中高部 リンデンホールスクール小学部

 

イングリッシュガーデン

Welcome English Garden!
ようこそ学びの園へ。光と風と緑のメルヘンキャンパス

イングリッシュガーデン
自然の風景が心のゆとりを生みだすイングリッシュガーデン
イングリッシュガーデン全景

イングリッシュガーデンは、1998年英国の名門オックスフォード大学・ケンブリッジ大学との友好記念としてキャンパス内に設立されました。庭園の広さは約27,000坪。木漏れ陽の散歩道には、四季折々の花々と10万株のバラの花が咲き誇ります。湖面に遊ぶ白鳥の親子が自由に育っていく姿などをのんびりと眺めることは、最高の癒しと心にゆとりをもたらします。これこそ、福岡こども短期大学の目指す“個性の伸展”に通じ、感性豊かな保育者育成に寄与するでしょう。

Kindergarten education

幼稚園教育の創始者フリードリッヒ・ウィルヘルム・フレーベルは、家庭と同質の「こどもの園」と母親と同じような役割を担える保育者の養成を推進した。

Kommt,laßt uns unsern
Kindern leben!
さあ、私たちのこどもらに生きようではないか!

フリードリッヒ・ウィルヘルム・フレーベル
-Friedrich Wilhelm Frobel- (1782~1852/ドイツ)

施設紹介
こども劇場
こども劇場
幼児文化の発信地となる本格的な施設

本学が誇る代表的な施設の一つとして「こども劇場」があります。「こども劇場」とは、円形型の舞台設備のことで、照明、音響、映像機器等を備えており、行事等を通した附属園園児とのふれあいや学生の発表の場として幅広く活用されています。ステージを囲む観客席は約500席あり、園児であれば700人を収容することができます。

ピアノ室

ピアノ室

いつでも自由に使えるピアノ100台が勢揃い

100台の練習用ピアノは、いつでも自由に使うことが可能です。学生は、保育に関わる音楽活動に必要なスキルを身につけるために練習しています。

 
ML  -Music Laboratry- 教室(幼児音楽教室)

ML  -Music Laboratry- 教室(幼児音楽教室)

こどもたちの歓声がすぐそこに聞こえる

学生用の楽器と、教員用の楽器が連携され、集団における個別の指導を行うことができる教室です。音楽に関する教科では、このML教室の他にもピアノレッスン室、音楽表現(器楽合奏)室などで音楽的基礎技能の修得をはじめ、歌唱指導や器楽指導法を学習しています。

 
夢工房

夢工房

創造力という感性を紡ぎ出すスペース

こどもの造形表現活動の理解と指導技術の学習を実践的に行う教室です。フラットな床でつくられたワンフロア形式になっており、より個性を発揮、発見しやすい編成となっています。

 
カフェテリア(GREEN SQUARE)

カフェテリア(GREEN SQUARE)

友情を育むオシャレなキャンパスライフの舞台

木の香りに包まれた2階建てのヨーロッパ風のレストハウス。明るい光をたっぷり取り入れる窓や温かな灯りをともすシャンデリアなどで飾られたリラックスした空間です。楽しい食事やくつろぎのおしゃべりタイムなど、いつも学生たちであふれています。

 
Simulation of Kindergarten(幼児教育実習室)

保育者としての自覚を生み出す学内実習室

人形劇舞台や紙芝居などの教材・教具を備え、保育室をイメージしてつくられた教室です。ここでは、学生同士の模擬保育や、子どもを交えた研究保育などの演習を行っています。

 
都築貞枝記念体育館

九州一を誇る最高水準の設備と広大さの体育館

3階建て、総面積5,800平方メートルの建物には、メインフロアのほかトレーニング室、卓球場などを設け、各種設備と共に本格的な教具・教材を備えています。また、1階フロアにはステージもあり、多目的ホールとしての機能も充実しています。

 
学生寮
年間スケジュール