就職情報

就職情報

 

夢を実現!抜群の就職率で、希望の仕事に。

本学では、第 40 回卒業生(平成 28 年 3 月卒業者)のうち、就職希望者のほぼ 100% の学生が希望どおり就職しました。その中のほとんどの学生が、保育・養護関連専門職に就いて活躍しています。就職が決まるまでの間、教職員が一丸となって地元就職を目標に指導にあたっています。また、夏期には、各県ごとに三者懇談会を行い、保護者との意思の疎通をはかりつつ、就職が円滑にできるよう丁寧に指導することを心がけています。

≫ 求人数・就職者数(平成28年4月現在 )はこちらから

 

就職先区分

就職先区分

 

有効求人倍率・就職状況

有効求人倍率・就職状況

 


 

就職園一覧(平成20年3月卒業者)

 

 

幼稚園とは?

幼稚園とは、文部科学省所轄の教育施設であり、満3歳から小学校就学までの幼児を保育し、年齢にふさわしい環境を整え、心身の発達を助長するための教育施設です。現在日本には約14,000の幼稚園があり、国立、公立、私立があります。また小学校や大学等に併設された併設園と独立園があります。

保育所(園)とは?

保育所(園)とは、厚生労働省所轄の児童福祉施設であり、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育が欠けるこどもを一日ごとに預かり養育することを目的とする施設です。保育所(園)には、許可保育所と無許可保育所(園)があり、現在、許可保育所(園)の数は約22,600ヶ所で、保育所(園)利用児童数は年々、増加傾向にあります。

施設とは?

施設とは、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設等の厚生労働省所轄の児童福祉施設です。それ以外にも高齢者のための施設等があり、求人数は年々増加傾向にあります。

認定こども園とは?

元々、幼稚園と保育所(園)は対象利用者の年齢層が重複しており、保育ニーズの多様化や経費削減などの面から、幼保一元化(幼稚園と保育所(園)の統合)が言われていました。そして平成18年10月1日から「認定こども園」の認定制度が設けられました。認定こども園は就学前のこどもに教育・保育を提供し、併せて地域における子育て支援を行う施設として、各都道府県知事が認定した施設です。

 

 
幼児期の一番大切な時期をこどもたちと一緒にすごせる喜びを日々感じています。
坂下 由佳里 さん (けご幼稚園勤務)

鹿児島県出身ですが福岡の気候や土地柄に今ではすっかり慣れ、毎日元気にこどもと関わって充実した時間を過ごしています。在学中はレクリエーション研究会に所属していましたが、みんなでダンスを創作したことが、今とても役立っています。また、こどもたちと一緒に歌う童謡の曲集は、福岡こども短期大学独自の編集のものを今でも使っていますが、とても弾きやすく他校出身の同僚からも良さを認めてもらっています。こどもの教育についてはまだまだ学ばなければならないことがたくさんありますが、こどもたちの成長を手助けすることで自らも教育者として成長したいと思います。幼児期の一番大切な時期をこどもたちと一緒にすごせる喜びを日々感じています。

 
子ども達の発達や集団での関わりを日々見守りながら保育を行っています。
平山 徹 さん ひさやま保育園 杜の郷勤務)

学生時代は幼児体育研究会のキャプテンでした。 毎日、リズム体操や手具体操を創作して練習したり、マット運動の基本や挑戦できる技に取り組んで頑張りました。 卒業して、糟屋郡久山町の「ひさやま保育園 杜の郷」に勤務して5年目になります。 縦割りクラスの担任として、子ども達の発達や集団での関わりを日々見守りながら保育を行っています。 園に勤めながら、モンテッソーリ体育養成コースの認定資格を取得し、 この春より、園のホールを使って課外活動「ゲンキッズクラブ」を開講しています。 活動内容は、器械体操・運動あそびを中心に行っています。 また、西日本体育教室のコーチとして、小学生にも関わっています。 毎日忙しい中、充実した日々を送っています。 皆さんも、夢の実現に向かって頑張って下さい。

 
短大で学んだ知識や実践は必ず現場で活かされてくるので、
一生懸命努力してほしいと思います。
福田 菜穂 さん (マリア幼稚園勤務【山口県】)

保育者となった時に正しい傷病の手当を知っていると、子どものためにも自分のためにも役に立つと思い、養護教諭の課程を履修しました。在学中はたくさんの講義があり、テスト範囲も広いので、その都度、授業のポイントをまとめたり、その日のうちに復習したりするなどの工夫をしました。また、実習では養護教諭が児童とどのように関わっているのかを丁寧に観察したり、救急処置の実践を習得したりして積極的に取り組むことに専念しました。
現在は幼稚園で担任をもっており、運動会練習中には鼻出血や嘔吐がありましたが、講義や実習の経験から慌てずに対処することができました。また、幼稚園では様々な感染症も流行するので、疾病予防の知識が助けになります。養護教諭の課程履修には様々な努力が必要で大変だと思いますが、短大で学んだ知識や実践は必ず現場で活かされてくるので、一生懸命努力してほしいと思います。