本学の特徴

ごあいさつ

ごあいさつ

 

個性の伸展による人生練磨

学園創始者 都築 頼助 Yorisuke Tsuzuki

九州帝国大学(法文学部文科)卒業、同大学院修了、福岡学芸大学、福岡教育大学教授歴任、産業教育振興に寄与した功績により紺綬褒章を受く。学校法人都築学園、都築育英学園を創設し、第一薬科大学・第一経済大学(現 福岡経済大学)・福岡第一高等学校・福岡第一商業高等学校(現 第一薬科大学付属高等学校)・みやこ幼稚園・だいいち幼稚園・むろずみ幼稚園の学園総長、正四位勲三等に叙せられ旭日中綬章を受賞。

 

 

創立者 都築 貞枝 Sadae Tsuzuki

元福岡県立筑紫中央高等学校校長、西福岡高等学校(現 福岡講倫館高等学校)校長、戦後全国最初の唯一の女性公立高等学校校長、60年の教歴。学校法人都築学園理事長・福岡第一高等学校校長・福岡第一商業高等学校(現 第一薬科大学付属高等学校)校長を歴任。昭和49年4月勲三等宝冠賞を贈られる。昭和62年10月従四位に叙せられ銀盃を贈られる。

 
こどもの個性を大切に育てたい
学長 都築 仁子 Kimiko Tsuzuk

昭和50年4月の開学以来、本学は幼児教育専門の短期大学として、個性ある優秀な保育者の育成に務めて参りました。実践を重視したカリキュラムに加えて独自に幼児教育研究会を発足。学生と教職員が全員参加し、幼児教育をあらゆる角度から研究して実践する研究会組織を設け、その活動は高い評価を得ております。こどもの主体性や自発性、そして何よりも個性を大切にする保育者の養成とその環境づくりは本学の使命となっています。「こどもとともに学び、こどもとともに生きましょう」