社会活動

【教員のアクティビティ】 三原先生 親子ふれあい遊び講座

2019-06-05

本学教員の三原先生が、親子ふれあい遊び「かんたん運動遊び&ママのプチヨガ」講座の講師を担当しました。

この講座は、福岡市東区にある「ひがしふくおか幼稚園」で、子育て支援の1つとして企画された親子講座です。

1部(対象:1~3歳児)と2部(対象:0歳児)を合せ、15組の参加がありました。

お父さんの参加も頂いて、にぎやかな講座になりました。

以下は三原先生のコメントです。

 

 

梅雨の時期です。室内でも子どもたちがエネルギーを発散できる運動遊びを沢山紹介させて頂きました。

今回ご紹介したのは、道具は使わずにママやパパと体を使って遊ぶ、運動遊びです。
ひざの上でのバランス遊び、手をしっかり握ってぶら下がり、片手を繋いでママやパパの周りをグルグル走るSTOP遊び等々。
自分の体を自分でコントロール出来た時、子どもは「できた!」と達成感を味わいます。
その時の子どもたちの顔はドヤ顔。その顔を見て、ママもパパもニコニコです。


子どもの「できた!」を親子で喜び合う、その経験の積み重ねが子どもの自己肯定感や自尊心を育んでいきます。
講座では、遊びを通して、子どもの育ちや子どもとのかかわり方のPointを伝えさせていだだきました。
写真は1部(対象:1~3歳児)の講座の様子です。

 

 

 

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

 

(写真は、ひがしふくおか幼稚園  http://higashifukuoka-youchien.jp/  と参加された保護者の皆様の許可を得て掲載しております。)