キャンパスライフ

    イングリッシュガーデン

    都築学園日本経済大学イングリッシュガーデン

    イングリッシュガーデン01 イングリッシュガーデン02 イングリッシュガーデン03

     

    イングリッシュガーデンは、2018年7月の大水害で被害を受けたため、現在閉園させていただいております。

     

    英国の雰囲気漂う門を抜けてお庭の中に入ると、たくさんの緑、それを彩る花々、イングリッシュ・ガーデンの中心にある湖には、水面をゆったりと進む白鳥が出迎えてくれます。

     

    1996年の開園以来、約10万人のご来園者を迎えることができました。

     

    5月はいたるところに溢れんばかりのバラの花が見事に咲き誇り、広いお庭をたくさんの方々がゆっくりと散策を楽しんでおられます。

     

    これからも、一人でも多くの地域の皆様に楽しんでいただけるよう努めてまいりますので、ぜひ一度足をお運びください。


     

    【イングリッシュ・ガーデン開園時間 9:00~17:00 年中無休】

     

    スライドショーでバラの様子をご覧ください。(5月17日)

     

    ご来園者の声をお聞きしました

    ご来園者の声

    筑紫野市健康づくり運動サポーター二日市地区 メンバーの皆さん①

    「緑が多く庭内に入っただけで涼しくバラの薫りがして素晴らしかったです。
    また別の花のシーズンに来てみたいと思います」(筑紫野市 陣川ひろ様)
    「とても素敵なところでした!ありがとうございました」(筑紫野市 大山八智代様)

    筑紫野市健康づくり運動サポーター二日市地区 メンバーの皆さん②

    「素晴らしく限りなく美しいバラ園でした。参加者もお土産として持って帰ります」(筑紫野市 和田剛典様)

    いい場所があるということで教えてもらって初めて来ました。
    近所にこんなに綺麗な場所があるなんて感激です!バラの薫りがうっとりしますね~
    またぜひ来たいです。
    (五条にお住まいの仲良し主婦グループのみなさん。)

    イングリッシュ・ガーデンでの写生を楽しみに来させてもらっています。
    おかげさまで、これまで県展にも出品させてもらいました。毎年来ていますが、写真を撮っていただくのは初めてなので嬉しいです。
    (二日市コミュニティセンター水彩画教室 星原様、猿渡様)

    今回が初めての来園で、バラが綺麗で感動しました。
    (宇美町在住 渡部さん他3名)

    来園前に学食で各国家庭料理を食べにきました。テレビで紹介になり、楽しみにきました。

    とにかくまず広さにびっくり!年数のたったバラは色合いもよく重厚で見応えがあります。 これだけの薔薇を咲かせるためには大変な手入れが必要だと思います。財産ですね。 すぐそこに3号線が通っているとは思えない!癒されました。(古賀市からのお客様)

    まさに「満開」!写真撮ったのでパソコンの壁紙にしたいのが何枚も。(福岡市 S.Oさん)

    お陰様で、心癒され、楽しい時間を過ごす事が出来ました。(宮崎県からのお客様)

    薔薇愛好家にとっては、一年で一番待ちに待った季節です。
    薔薇好きな私は「うわ~ぁー素敵~凄い」の連発でセロトニンUP(笑)
    ☆安定物質です。念のため。(福岡市 E.Kさん)

    English gardenの 別世界の空間は、異次元に吸い込まれたアリスのようでした。 (福岡市からのお客様)

    イングリッシュガーデンマップ

    バラの他にも見所がいっぱいです。
    ■ガーデンの広さ約27,000坪
    ※本校のイングリッシュガーデンを監修されたキースゴット氏は松江イングリッシュガーデンのヘッドガーデナーを務めておられます。松江イングリッシュガーデンをどうぞお楽しみください。
    ≫ 松江イングリッシュガーデン

    深い思索と心のゆとりを生みだすイングリッシュガーデン

    中世のイギリスに、誕生の歴史があるイングリッシュガーデン。その真髄は、自然を愛し、自然とともに生きる思想をもとに、人為的ながらも自然そのものを創出し、草花に囲まれた空間と時間のなかで、人間本来のゆとりを創造する至福のときを過ごすことです。

    人間は自然の生命力によって培われ、深い思索が生まれるはずです。キャンパス内には、“ 思索の庭”と呼びたいイングリッシュガーデンが広がっています。木漏れ陽の遊 歩道を散策し、樹木の香気を浴びながら森林をわたる風の声、小鳥のさえずりに耳を 傾ける。四季折々の草花を楽しみ、湖面に遊ぶ水鳥の姿に憩いと安らぎを感じれば、心もきっと癒されることでしょう。

    たおやかに流れ広がる時間と空間から、育まれる深い思索と心のゆとり。それは、本学の目指す“ 個性の伸展” に通じ、豊かな知性と創造性を備えた個性派人間の育成に大いに寄与するでしょう。